シャミナード神父
◎ アデル・ド・トランケレオン
◎ シャミナード神父列福式











創 立 者 
    シャミナード神父
  Guillaume-Joseph Chaminade
 
    

1761年4月8日、フランスのペリグーに生まれました。
ムシダンの小神学校、次いでボルドー、パリで学んだ後、1785年、司祭に叙階されました。

1789年にフランス革命が起こらなかったなら、恐らくそれ以前にムシダンの小神学校でしていた会計係と教師の仕事を続けていたに違いありません。
1790年、シャミナード神父は、フランス革命による聖職者市民憲法によって統制された司祭として生きることを拒絶し、彼を捕らえようとする官憲の目を避けて、ムシダンを去らなければなりませんでした。

1791年、ボルドーに入り、恐怖政治の時代、命がけで秘密裏に聖務を行っていました。
1795年から2年間、つかのまの宗教迫害の休止の後、1797年迫害が再開された時、シャミナード神父はスペインに亡命を余儀なくされます。

亡命の間、スペイン サラゴサの柱の聖母の傍近くで恵みの日々を過ごし、ここで彼は将来の使命、
マリアニスト家族についてのインスピレーションを受けます。

1800年39歳の時ボルドーに戻り、彼は現在の信徒マリアニスト共同体(MLC)の前身であるコングレガシオンを創立し、大成功をおさめます。

1809年、“エタ”が誕生します。
これは世間で生活しながら、神に身を捧げて生きることを望む人びとのためのものです。

この間にシャミナード神父は、ラムルス嬢を助けて、娼婦の更正を目的とする“ミゼリコルド会”の創立に関わります。

1816年にはトランケレオン嬢と共に“汚れなきマリア修道会”を、1817年には“マリア会”を創立します。
この両修道会はコングレガシオンの活力から生まれました。

シャミナード神父はその後の生涯の日々を、自ら創立した諸事業への奉仕のうちに過ごし、
1850年1月22日、ボルドーで亡くなりました。

2000年、ヨハネパウロU世教皇によって列福されました

シャミナード師の墓(ボルドー)


  ※ シャミナード神父の精神を詳しく知るには・・・

     →  シャミナード師のメッセージ 〜 その現代的意味 〜
     →  ギヨーム・ヨゼフ・シャミナード伝
▲TOP