◎ マリアニストの十字架
◎ マリアニストという呼称
◎ 私たちの家族
◎ 創立者の夢
◎ 柱の聖母













マリアニスト家族
The Marianist Family

  
マリアニスト家族は、カトリック教会に属する信徒と修道者から成る
インターナショナルな信仰共同体です。
この共同体のメンバーは、マリアの子となられた神の子イエスに倣って、
マリアに全面的に身を委ねながら、人びとの幸せのために働きます。

この家族は、

  
『信徒マリアニスト共同体』
『アリアンス・マリアル』  (在俗会)
『汚れなきマリア修道会』 (女子修道会)
『マリア会』          (男子修道会)

から構成され、歴史的に上記の順に誕生してきました。
●マリアニストの奉仕

創立者シャミナード神父は、マリアがカナの婚宴で召使に言われた言葉、
「この人(イエス・キリスト)が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」(ヨハネ2-5)をマリアニストの奉仕の大原則とし、奉仕に柔軟性と普遍性を持たせました。
ですから、わたしたちは、奉仕の手段を何かに限定することなく、時代と場所、人びとの必要を汲み取りながら、それに応えるよう努めています。
わたしたちは現在、主に教育、祈りの家、小教区をとおして奉仕しています。

●マリアニストの生き方

信仰と祈り、マリアの使命への参与、家庭的な共同体、
福音宣教を大切にして生きています。

「あなたがたは皆、
宣教者です」


  ・・・ シャミナード神父

 「マリアの娘は、
神の目に自分の目を重ねます。
その心は、いわば世界を抱くのです。」
 
         ・・・ アデル トランケレオン

世界におけるマリアニスト ローマ総本部: http://marianist.org/
▲TOP